タイヤ破砕プラント

トップページ > タイヤ破砕プラント

ローコストマシン

画期的 廃タイヤリサイクルプラント

今やタイヤの多数がスチールタイヤとなりました。
このスチールタイヤの再利用の時、いつも問題になるのがゴムに密着したビード及び多数のピアノ線です。
当社はタイヤを丸のまま投入しゴムとワイヤーを簡単に分離し、しかもワイヤーが古鉄として無駄なく清潔に処理するNCM-P-V型ラインを開発しました。このNCM-P-V型は二次的公害の問題を発生しません。
破砕の流れ
NCM-P-V1300型

分離ライン

産業廃棄物リサイクル、再資源化はまず付加価値の高い物ではければ一般企業では成り立ちません。
同時にその再資源リサイクルの設備投資資金が最小でなければならないと思います。
当社開発の古タイヤ完全リサイクル設備資金は欧米優良メーカーの1/2というローコストになっています。

廃タイヤリサイクルの絶対条件は、ゴムとワイヤーを確実に分離することから始まります。

ゴムとワイヤーを完全分離

廃タイヤ ライン構成

V1600型ライン

V1600型ライン

V1300型ライン

V1300型ライン

V1000型ライン(P.C.タイヤ用)

V1000型ライン(P.C.タイヤ用)

ワイヤー分離機

ワイヤー分離機